長崎のRecording&Lesson Studio

2020年は音楽関係者にとって大変な一年になりました。

そんな中、6月 長崎に Studioが出来ました。

 gaikann長年音楽業界に携わった方が音楽に恩返しをしたい!!!と建設を決心。

建物から設計しました。

01.Lounge

駐車スペースからの眺め 奥からスタジオ.ブース.調整室

Studio.entrance

スタジオ右手は鏡貼りでダンスレッスンも出来る。

壁.天井とも遮音層の平行面を無くして、ローコストで響きのある空間を実現

studio.Ent.gazou

スタジオ入口ドアの右側はラウンジとの連続感を出す為のガラスになっています。

Studio.booth.gazou

スタジオとブースの間の覗き窓は、異なったプログラムでも

音漏れしない様に3重ガラスで構成

04.Cont.3d

調整室から、ブースの覗き窓を介してスタジオが望める。

「利益抜きで地元の音楽を活性化したい」との心行きを 応援!

長崎から素晴らしい音楽が生まれます様に!

ミュージシャン自宅のRecording Studio

ミュージシャン自宅のRecordingStudioです。


01.studio.web.3D

壁のフレームの中の白い部分は脱着出来る吸音材で簡単に響きを調整出来ます。

床の赤い部分は御祖父様の家で使われていた

とてもとても重い、厚み40ミリの1枚板のカリン 良い響きが出そうです。

カリン端部の不整形な部分はカラーモルタル(黒)で埋めました。

02.studio.web.3D

スタジオ調整室方向、左の扉はBooth を兼ねたSoundLockの入口

右手奥に外光の入る大きな高窓があります。

koudacont

調整室 横長な形状です。後方吸音層上に間接照明が入っています。

kodaplan

スタジオの三角の黄色い部分は低音用の吸音層

調整室前方左右には専用電源のトランスが収納されています。

調整室にも外光の入る高窓があります。

koudasection

可能な限り天井高さを取り フラッターエコーが出ない様に傾斜を付けています。

専用の超低インピーダンス電源から生まれて来る音楽が楽しみです。

住宅地下の RecordingStudio

Ark  Garret

新築住宅の地下を深く掘り下げたスタジオ 1991年完成

6

調整室 卓はGMLムービングフェーダーだった。。。

5

吹き抜けのある調整室の、ととんでもなく大きな覗き窓

3

スタジオ 右からPiano.Vocal .Soundlock.Control

2

スタジオのドラム台 天井は反射板

1

中2階のオフィスとラウンジ 調整室が見下ろせる覗き窓

中央ドアはEMTへのアクセス

現在はオーナーチェンジ